http://www.newceremony.com/
東京の斎場探しでお悩みならこちら。あなたにピッタリの斎場をご紹介しますよ。

人生で自分が主役になることが出来る時が3回あるというのはご存知でしょうか。1回目は「生まれた時」、2回目は「結婚式」、3回目が「お葬式」なんです。今回は、自分が主役になれる時の中でも、最後に主役に時のお話をしたいと思います。人間、この世に生を受けたら、終わりがあります。その時が、死です。

人が亡くなるとお葬式をして、故人をいたわります。大切な友人や、家族が亡くなった時には悲しく辛い思いをしたという人もいるでしょう。人が亡くなったら、お葬式をして、火葬をします。火葬をしたら残った骨は、その人のお墓へと入ります。一般的には、1家族で1つのお墓を建てますが、中には家族がいなかったり、お墓を持っていない人もいるでしょう。そんな人の骨はどこへ入れてあげれば良いのか?1人で寂しくないように永代供養をすることをオススメします。永代供養は、お墓を持っていない人、または必要でない人の為にお寺にお渡しし、お寺が永代供養をしてくれるのです。また、永代供養だけでなく、納骨堂というものも最近は増加しています。

永代供養や納骨堂・・・正直違いがわからないという人もいるでしょう。

昔は、お墓というと暗くて怖いイメージがあったと思います。しかし、最近は霊園と言って公園のように明るい雰囲気のお墓も多いんです。また、納骨堂など納骨の方法も様々で、故人のいたわりかたも様々な種類があります。始まりがあれば、終わりがあるというように、人間この世に生をうけたらいずれは死が待っています。そこで、今回は、お葬式から納骨堂、霊園など、様々な知識をお教えしたいと思います。公園のような霊園なら定期的に墓参りに行きたいと思うようになりますし、霊園などによってお墓というイメージはどんどんと変えられようとしています。

今の時代に最適な永代供養は専用の納骨堂がある東京の施設を利用するのが一番。管理体制もしっかりしているから選ばれています。
京都で永代供養なら紅葉の名所として知られる東福寺内がオススメです。ご先祖様が亡くなっても素敵な景色が見られる空間に居させてあげたいですよね。